不動産トラブル対策

不動産に関するトラブル

トップ

不動産のトラブルの情報

同族会社における不動産注意点

同族会社が親族に会社所有の不動産を賃貸あるいは売買する場合、税法上における注意点が発生します。これは会社とは営利を目的として事業を行うものであり、特定個人に対してその目的を逸脱する利益を供与したり、あるいはその個人が支払うべき負担を肩代わりした場合はその個人に対する利益供与が成されたものと見なされ税法上の取り扱いがなされるからになります。ですので会社が所有する不動産を適正と見なされない金額で親族に貸し出しや売買した場合、それにより発生したと見なされる利益に対して税金が掛けられることになるので、親族に対する貸し出しや売買に関してはそういった点に関して注意を払う必要が出てきます。

困った時は弁護士に相談しよう

不動産は、おそらく私たちが一生の中で買い物する一番高額なものでしょう。その時にトラブルが発生してしまったら取り返しのつかないことになりかねません。また、何も問題がなく買えたとしても、その後、一戸建てであれば欠陥住宅のトラブル、マンションであれば共同で管理するがゆえのトラブル・隣人とのトラブルなどいつでも起きる可能性があります。そんな不動産に関するトラブルが起きた時、専門的な法律のプロである弁護士に相談に乗ってもらうことは何よりも心強いものになるでしょう。知り合いに相談するのもいいですが、やはり最後は法律のプロに相談してみましょう。絶対、困っている人の助けになってくれるはずです。

© Copyright 不動産に関するトラブル. All rights reserved.