一戸建てを建てる事

ちょっと変わった一戸建て

トップ / ちょっと変わった一戸建て

不動産のトラブルの情報

一戸建ては魅力ある住まいです

マンションやアパートなどを集合住宅というのに対して、一戸建ては独立した戸建住宅でいわゆる一軒家のことです。物件には新築と中古および賃貸物件があり、集合住宅との違いは、庭や駐車場があり駐車場代が不要なうえ洗車もできる事、部屋数も多く収納スペースも広い事、両隣や上下階への音や振動を気にしなくても良い事などです。また、賃貸物件の場合には、毎月の管理費が不要な事、ペットを飼える場合が多い事、転勤族でも持ち家感覚で住める事などの利点からますます需要が高まっています。

狭小住宅の検討をする

狭小住宅とは特に大きさに定義はありませんが、狭い敷地に建てられる注文住宅の事です。一般的な住宅の部屋配置ではうまく収まらない事がほとんどで建築会社にとっては腕の見せ所といった感じです。最近ではテレビや雑誌などのメディアでもそういった案件のリフォームなどの紹介で注目されています。狭小住宅をインターネットで検索してみると驚くほどモダンで住みたくなるような家がたくさん出てきます。それぞれ、狭さを補う工夫がされていて、使い勝手なども出来る限り損なわないようによく考えられています。

© Copyright 不動産に関するトラブル. All rights reserved.