不動産の値下げ交渉

不動産の値段を下げる

トップ / 不動産の値段を下げる

不動産のトラブルの情報

不動産購入の際の仲介手数料

家や土地などの不動産を購入する際に、住宅情報誌やネットなどで気に入った物件を見つけたとします。そのとき、隅のほうに「仲介」や「売主」と書いてあるのをご存知でしょうか。このうち仲介と書いてあるものは、業者が仲介して物件紹介をしているので、仲介手数料として何十万という額を取られてしまいます。ですから、上手に不動産を買おうと思ったら、売主から直接買えばいいのですね。同じ物件でも売主と仲介が存在しますから、その場合は必ず売主と直接交渉するように気をつけておきましょう。ただ、「専任媒介」の場合は、業者を通さないと購入できない物件ですから、どうしても気に入ったなら手数料を払うしかないですね。

賃料を値下げ交渉する

不景気の時期には賃貸不動産の賃料も低下する傾向にはあります。だからと言って、何でもかんでも下がるかというとそういうものでもありません。特に物件は工場で規格品を生産しているのとは違い、1つとして同じものは存在しません。物件によっては、どんなに不景気でも人気を保っているものもあります。そのような物件を借りる際に、不景気だから賃料が値下がるものだとの思い込み極端な値下げ交渉をすれば、申込そのものを断られる可能性があります。一般論は一般論で重要ですが、不動産によってはその一般論が当てはまらないケースがあるということを留意して交渉しましょう。

© Copyright 不動産に関するトラブル. All rights reserved.